お知らせ

道徳サロンを更新しました――髙橋史朗 46 –「同床異夢」の「こども庁」構想と有識者会議の課題

   道徳サロン、今回のテーマは「『同床異夢』の『こども庁』構想と有識者会議の課題」。  「こども庁」「子ども基本法」構想の基本的な目的とは、  “すべての子どもの権利が守られ、幸せに成長できる社会をつくること”。   しかし、その中に個人的な思惑や考え方を盛り込もうと...

READ MORE

道徳サロンを更新しました――中山 理 2 – 知的ツーリズムのすすめ ―いざ、韓国の済州島へ!―

   道徳サロン、今回のテーマは「知的ツーリズムのすすめ ―いざ、韓国の済州島へ!―」。  隣国・韓国と言えば韓流ドラマを思い出す方も多いはず。  劇中では、史実は二の次でダイナミックは展開が重視されます。  韓国史の観点から現実の韓国を眺めた時、興味深いものが見えてきました。、  今回は...

READ MORE

当財団顧問・田原道夫氏が「社会教育功労者」表彰

当財団の田原道夫顧問が、このたび、文部科学省の令和3年度社会教育功労者表彰において、「全国的な社会教育の振興に功労があった者」として表彰されました。   この表彰は、全国的見地から多年にわたり、社会教育関係の団体活動に精励し、社会教育の振興に功労があった方に贈られるものです。  ...

READ MORE

『ニューモラル』626号、『モラルBIZ』43号、『モラルBIZプレミア』・『れいろう』・『まなびとぴあ』10月号を刊行しました

★10月の定期刊行物★   定期刊行物の最新号が発売になりました。詳しい情報は各紹介ページをご覧ください。   ◆『モラルBIZプレミア』令和3年10月号 【トップインタビュー】「『あふれる味覚』を届けるために/福留ハム㈱ 代表取締役社長 福原治彦     ◆...

READ MORE

道徳サロンを更新しました―― 改めて社会貢献とは? 個人でできることを知ろう

   道徳サロン、今回のテーマは「改めて社会貢献とは? 個人でできることを知ろう」。 日ごろの生活の中で「社会貢献」。どのようなイメージを持たれますか? 災害支援のために行うボランティア、義援金を送るなどは代表的な社会貢献です。 それ以外にも、平時における支援活動はたくさんあります。 今回...

READ MORE

最新刊『人間力のある人はなぜ陰徳を積むのか』広告掲載

「読売新聞」9月14日(東京本社版)15日(大阪本社版・西部本社版) 広告を見る   「産経新聞」9月11日 広告を見る  

READ MORE

道徳サロンを更新しました―― 髙橋史朗45 ――「こども庁」論議に欠落する「健全育成」の視点 ― 他律によって自律へと導く「教育の論理」 ―

   道徳サロン、今回のテーマは「こども庁」論議に欠落する「健全育成」の視点 ― 他律によって自律へと導く「教育の論理」 。  国連勧告に基づく国連勧告に基づく「こども庁」「子ども基本法」構想とはなにか?  「こども庁」創設、「子ども基本法」制定を企てている人たちの背後で暗躍するものはなに...

READ MORE

【9月11日配信】西岡力教授が「飯田浩司のOK! Cozy up!」週末増刊号(ニッポン放送)に登場しました

 配信:9月11日(土)14時〜 ポッドキャスト(インターネットラジオ)で放送    西岡 力氏(モラロジー道徳教育財団教授、麗澤大学大学客員教授)が、ニッポン放送の人気番組「飯田浩司のOK! Cozy up!」の週末増刊号に登場しました   「飯田浩司のOK! Cozy up!...

READ MORE

ページトップへ