西岡 力

西岡 力 – 道徳と研究6 慰安婦像撤去を求める日韓連帯集会

西岡 力

モラロジー研究所教授

麗澤大学客員教授

 

 前回私は、12月はじめから毎週水曜日にソウルの日本大使館前で、同時間に行われている反日集会の中止を求め、慰安婦像撤去を求める路上集会が続いているとお伝えした。2月19日の同集会では日の丸が振られる中、日本人女性が通訳付きで日本語で演説を行った。嘘と戦う日韓良識派の連携がここまできた。今回はその様子を紹介する。

 

●東京オリンピックをも反日運動に利用

 2月19日水曜日、正午、『反日種族主義』の共同著者である李宇衍博士らが日本大使館前に集まった。女性を含む30人程度が両手に韓国の国旗である太極旗と合わせて日章旗を持っていた。また準備されていた4枚の横断幕には韓国語、日本語、英語で次のように書かれていた。

「デマはもうたくさん。フクシマを応援します!」「文在寅政権は、外交公館を保護するウィーン条約を遵守せよ!」「挺対協の歴史歪曲を糾弾する!」「我々韓国人は、東京オリンピック成功を祈ります!」

 主催団体である「反日銅像真実究明対策委員会」の共同代表である崔ドッコ韓国人権ニュース代表が基調演説で、反日団体VANK(Voluntary Agency Network of Korea)を次のように正面から批判した。

「最近、VANKが東京オリンピック聖火リレーの姿をあたかもフクシマ原発事故の放射能物質を運搬するかのようにパロディにしたポスターを制作、広報して問題になっている。VANKはこのような日本を呪うポスターをあろうことかまさにここ駐韓日本大使館新築工事現場のフェンスに張ったのです。いつも日本を攻撃するVANKは(彼らが自称する)外交使節団ではなく外交惨事団だ。韓国政府はVANKの問題点をきちんと認識してこのような無分別な行為を遮断させなければならない」

 次に、日本で反共の立場から日韓友好を叫んできた「日韓クロッシング」の幹事である安保智子氏が日本語で次のように演説した。通訳は韓国に長く住む日本人女性が担当した。

「今、日本では東京オリンピックを冒涜し非難する内容の韓国のVANKのポスター問題のためにとても騒がしいです。そんな中、このように東京オリンピックの成功を期待してくださり、また風評被害で苦しむフクシマを応援する内容の横断幕を掲げて下さる韓国の方がいらっしゃることにとても感激しました。私は反日問題によって韓国が滅びるのではないかと心配していましたが、ここに来ることができて希望を持って帰国できます。韓国と日本がこれからもともに左派全体主義に対抗して戦って行ければうれしいです」

 

●韓国が力を合わすべき国とは

 また、「反日銅像真実究明対策委員会」の共同代表の朱東植氏は、在韓日本人の差別を告発し、韓米日3角同盟の重要性を強調する次のような演説を行った。

「韓国人と結婚して子供を産み韓国で長く暮らす日本人女性たちから、無分別な反日感情のために子供たちが学校に行くことができなくなっているという話を聞きました。自分の母親が日本人だという事実が学校で知られるといじめなどを受けることを恐れているからだといいます。これこそが盲目的な反日精神病が生み出す被害です。

 日本帝国主義はすでに70年前に終わり韓国から出て行きましたし、日本はその後、植民地支配を39回も謝罪しました。けれども韓国戦争を起こしてすさまじい犠牲と被害をもたらした北韓の金氏朝鮮と中国はたった1回も謝罪しておらず、現在も核とミサイルで私たちを脅かしていますが、なぜこれに対しては一言の抗議もしないのでしょうか。

 現在の我が国の反日勢力は反米につながる道を作るために日本に対する嫌悪を煽っているものであり、その最終目標は大韓民国を従北親中化しようとするものです。武漢肺炎を起こした中国は人権などが完全に抹殺された生き地獄です。このような中国、北韓と米国、日本の間で我が国がどちらの側と親しくしなければならないのでしょうか」

 

 日本では韓国の非合理的な反日活動を、韓国人全体の民族性の結果だと断定する議論が多い。儒教的価値観に毒された韓国では親中反日が体質化している、韓国人の日本文化に対する蔑視は朝鮮時代から続く伝統だ、等という議論だ。その結果、韓国との付き合いを控えるべきだ、やめるべきだなどという主張もある。

 しかし、この主張は二つの事実を見落としている。第一に、韓国の反日の大部分は日本の中の反日日本人が火をつけたものだという事実だ。私は朝日新聞や反日弁護士、活動家らと30年以上、激しい論争を繰り広げてきた。その一端である慰安婦問題を巡る論争についてをこのコーナーで書いてきた。

 第二に、韓国にも嘘の反日を認めずそれを乗り越えて日本との友好を求めて戦っている良識的勢力が存在する。彼らと私たちは、北朝鮮世襲独裁政権とその背後にある中国共産党全体主義体制という共通の敵を持っている。

 今回紹介したように、日本大使館前で韓国人と日本人が力を合わせて嘘の反日の象徴である慰安婦像撤去を求める集会を開いたのだ。ここにこそ、日韓友好の揺るぎない礎石がある。

 

 

 

※道徳サロンでは、ご投稿を募集中! 

道徳サロンへのご投稿フォーム

カテゴリー

Category

  • 言論人コーナー
  • 西岡 力
  • 髙橋 史朗
  • 西 鋭夫
  • 八木 秀次
  • 山岡 鉄秀
  • 菅野 倖信
  • 水野 次郎
  • 新田 均
  • 生き方・人間関係
  • 職場・仕事
  • 学校・学習
  • 家庭・家族
  • 道徳教育
  • 自然・環境
  • エッセイ

ページトップへ