道徳サロン新着コンテンツ

Newly Arrived Content

  • 野口芳宏 - 人物教材の活用 ―明治天皇の場合(下)―

    教育の立場からは「明治天皇の大業」としては「教育勅語」を取り上げたいところだが、それについては、私は別のところでも触れているので、今回は明治天皇によって始められた「巡幸」に関して子供たちに知らせる意義を述べておきたい。

  • 野口芳宏 - 人物教材の活用 ―明治天皇の場合(上)―

    明治時代は明治天皇の御代、明治天皇の時代だと言っても過言ではない。それほどに明治天皇のご存在、お力は大きい。その全容を伝えることなど到底できるものではない。そこで、「道徳」の授業では、せめてこれだけはと絞りに絞って扱う他はない。それでも2回になる。

  • 広中忠昭 - 意図を明確にした
    授業づくり

    先日、道徳の教科化について扱ったTV番組を見た。その中で「お母さんのせいきゅう書」を用いて家族愛について取り上げている場面があった。

  • 広中忠昭 - 教科書を使った道徳授業づくり

    この教材は、前回同様に「いじめ問題」を扱っている。教室内で起こった小さなからかいがエスカレートしていく中で葛藤する主人公が描かれている。

  • 浅見哲也 - 道徳科の授業を
    楽しみましょう

    先生方には、子供たちとの対話を通して道徳科の授業を楽しんでもらいたい。きっと、教師としての授業づくりの醍醐味や新たなやりがいを見つけられると思う。

  • まずは
    DCAPサイクルの実践を

    本来的なPDCAサイクルを実現するためにも、まずはDCAPサイクルを念頭に置きたい。教育では「失敗体験」から学ぶものも多い。失敗を怖れず、積極的で果敢に挑戦する道徳授業を期待したい。

  • 地球は
    亀の甲羅の上に乗っている

    大地は4頭の象が支えるお盆の上にあり、その象たちは巨大な亀の甲羅の上に立っている。これは地球平面説と呼ばれる古代の宇宙観です。現在では、地球は丸く、太陽を周回していることを知らない人はまずいない…

  • 名づけに悩んだとき
    わが子の命名法

    最近は文字のとおりに読めない子供の名前が多いようです。もっとも明治のある文豪は、於菟〈おと〉や杏奴〈あんぬ〉と名付け、於菟も息子に礼於〈れお〉や樊須〈はんす〉と名付けたので、驚くようなことでもないのかもしません…

Category

  • 言論人コーナー
  • 西岡 力
  • 髙橋 史朗
  • 西 鋭夫
  • 八木 秀次
  • 山岡 鉄秀
  • 菅野 倖信
  • 水野 次郎
  • 中山 理
  • 川上 和久
  • 生き方・人間関係
  • 職場・仕事
  • 学校・学習
  • 家庭・家族
  • 自然・環境
  • エッセイ
  • 社会貢献

ページトップへ