伝統文化研究室 – 所 功

所 功

教授

最終学歴

名古屋大学大学院文学研究科修士課程
法学博士(慶応義塾大学)

兼職名

京都産業大学 名誉教授、京都産業大学評議員
麗澤大学 客員教授、皇學館大学 特別招聘教授
藝林会顧問、日本学協会顧問、国書逸文研究会代表、国民会館理事、京都宮廷文化研究所顧問

主な経歴

文部省教科書調査官(社会科日本史)
京都産業大学日本文化研究所所長

専攻分野

日本法制文化史(学位論文『平安朝儀式書成立史の研究』)

研究テーマ

平安時代の宮廷政治文化史、明治以降の皇室制度文化史

主な実績

著書『昭和天皇の大御歌 : 一首に込められた深き想い』角川書店、2019年
著書『元号―年号から読み解く日本史―』(久禮旦雄・吉野 健一との共著)文春新書、2018年
著書『皇位継承 増補改訂版』(高橋紘との共著)文春新書、初版.1997、増訂版.2018年
著書『象徴天皇“高齢譲位”の真相』ベスト新書、2017年
著書『松陰から妹達への遺訓』勉誠出版、2015年
著書『伊勢神宮と日本文化』勉誠出版、2014年
著書『京都の三大祭』角川ソフィア文庫、2014年
著書『皇室典範と女性宮家 -なぜ皇族女子の宮家が必要か-』勉誠出版、2012年
著書『古希随想 -歴史と共に七十年―』総合出版社歴研、2012年
著書『皇室に学ぶ徳育』モラロジー研究所、2012年
著書『歴代天皇の実像』モラロジー研究所、2009年
著書『天皇の「まつりごと」』日本放送出版協会[生活人新書]、2009年
著書『皇位継承のあり方-女性・母系天皇は可能か』PHP新書、2006年
著書『和気清麻呂公と護王神社』護王神社、2006年
著書『あの道この径 100話』モラロジー研究所、2004年
著書『「国民の祝日」の由来がわかる小事典』PHP新書、2003年
著書『靖国の祈り遙かに』神社新報社、2002年
著書『天皇の人生儀礼』小学館文庫、2002年
著書『菅原道真の実像』臨川書店、2002年
著書『宮廷儀式書成立史の再検討』国書刊行会、2001年
著書『近現代の「女性天皇」論』展転社新書、2001年
著書『国旗・国歌と日本の教育』モラロジー研究所、2000年
著書『日本歴史再考』講談社学術文庫、1998年
著書『皇室の伝統と日本文化』廣池学園出版部、1996年
著書『国旗・国歌の常識』東京堂出版、1995年
著書『伊勢神宮』講談社学術文庫、1993年
著書『歴史に学ぶ 日本文化の再発見』新人物往来社、1991年
著書『年号の歴史』雄山閣、1989年
著書『日本の祝祭日』PHP教養新書、1986年
著書『平安朝儀式書成立史の研究』国書刊行会、1985年
著書『日本の年号』雄山閣出版、1972年
著書『三善清行』吉川弘文館[人物叢書]、1970年
校注『新訂増補 国書逸文』国書逸文研究会編、国書刊行会、1995年
校注『西宮記』神道大系編纂会、1993年
校注『北山抄』神道大系編纂会、1992年
校注『新訂 建武年中行事註解』講談社学術文庫、1989年
校注『新訂 官職要解』講談社学術文庫、1983年
校注『撰集秘記』国書刊行会、1986年
校注『三代御記逸文集成』国書刊行会、1982年
編著『元号読本 : 「大化」から「令和」まで全248年号の読み物事典』創元社、2019年
編著『「五箇条の御誓文」関係資料集成』原書房、2019年
編著『近代大礼関係の基本史料集成』国書刊行会、2018年
編著『昭和天皇の教科書「倫理」』勉誠出版、2017年
編著『昭和天皇の教科書「国史」』勉誠出版、2015年
編著『日本年号史大事典』雄山閣、2014年
編著『歴代皇后125代総覧』新人物文庫、2014年
編著『日本の皇家と女性宮家』新人物往来社、2012年
編著『皇室事典』角川学芸出版、2009年
編著『昭和天皇の学ばれた教育勅語』勉誠出版、2006年
編著『大正大礼実録(マイクロフィルム版)解説書』臨川書店、2001年
編著『名画に見る日本の歩み』近代出版社、2000年
編著『和気清麻呂の絵像集成』護王神社奉賛会、1993年
編著『礼儀類典(マイクロフィルム版)解説書』雄松堂、1991年
編著『和田英松先生の思い出』国書逸文研究会、1997年
編著『楠公の史蹟点描』五典書院、1971年
監修『ようこそ靖国神社へ』靖国神社、2016年
監修『公卿補任図解総覧』坂田桂一著、勉誠出版、2014年
監修『「古事記」がよくわかる事典』PHP研究所、2012年
監修『まんがと図解でわかる天皇のすべて』宝島社、2012年
監修『歴代天皇知れば知るほど』実業之日本社、2006年
講録『皇位継承の歴史と廣池千九郎』(橋本富太郎・久禮旦雄・後藤真生と共に)モラロジー研究所ブックレット、2018年
講録『皇室に学ぶ日本人の底力』皇學館高校、2015年
講録『日本国憲法第一条の再検討』国民会館叢書、2014年
講録『伊勢の式年遷宮と廣池千九郎』モラロジー研究所ブックレット、2013年
講録『「おかげまいり」と「せぎよう」に見る日本人のソフト・パワー』盛和塾大阪、2013年
講録『「国民の祝日」の来歴検証と国際比較』国民会館叢書、2010年
講録『「ハタ」の来歴と日本文化の特色』真清田神社東車維持財団、2009年
講録『今上天皇のご理想』八坂神社清々会、2005年
講録『戦没者の慰霊と遺骨収集』国民会館叢書、2005年
講録『日本の建国と発展の原動力』モラロジー研究所、2004年
講録『神宮・皇室と日本人』伊勢神宮崇敬会叢書、2003年
講録『皇室典範と女帝問題の再検討』国民会館叢書、2002年
講録『日の丸・君が代の法制化と公教育の役割』国民会館叢書、1999年
講録『家族同姓の再評価』全国神社総代会、1997年
講録『日本の自然と歴史の特性』熱田神宮文化講座叢書、1996年
講録『即位儀礼の意義を考える』廣池学園出版部、1990年
※ これ以前の講録(冊子)は省略
※ 論文・評論の目録:平成24年(2012年)3月までの分は拙著『古希随想』付載「著作目録」
(『産大法学』45巻3・4合併号掲載の同目録はネット公開)、また同4月からの分は、HPかんせいPLAZA「日本学広場」(http://tokoroisao.jp/)の「活動記録」に毎月掲載。
●『モラロジー研究』掲載文
『モラロジー研究』No.82史料紹介「「石清水臨時祭」の再興と図画」2019年1月30日
『モラロジー研究』No.81史料紹介「「五条御誓約奉対書」関係史料」2018年6月20日
『モラロジー研究』No.80論文「徳島県立博物館所蔵『光格上皇修学院御幸儀仗図絵巻』―付論『光格天皇新造内裏還幸絵図』解説の追補―」2017年11月15日
『モラロジー研究』No.79史料紹介「光格天皇の「寛政新造内裏還幸行列絵図」」2017年5月15日
『モラロジー研究』No.76論文「古代ヤマト国家の形成過程論」2015年12月15日
『モラロジー研究』No.74 論文「『昭憲皇太后実録』に見る皇后の知育・徳育」2015年2月10日
『モラロジー研究』No.72 論文「古代「女帝」の適法性と徳治の検証」2014年3月10日
『モラロジー研究』No.70 資料 「皇室制度に関する有識者ヒアリング(第六回)記録」2013年2月10日日
『モラロジー研究』No.66 論文「今上陛下の具現される最高道徳」2010年9月30日

ページトップへ