大塚 祐一

大塚 祐一

客員研究員

最終学歴

麗澤大学大学院経済研究科経済学・経営学専攻修了、博士(経営学)

兼職名

就実大学経営学部 専任講師

専攻分野

企業倫理、企業と社会

研究テーマ

企業倫理学における共同体主義・徳倫理学的アプローチの応用に関する研究
CSR・倫理実践としてのSDGs

主な実績

著書/論文
1. 「企業におけるSDGs実践の規範的アプローチ」『就実経営研究』第6号(単著)、 2021年3月
2. 「地域企業がSDGsに取り組む意義と課題」『就実経営研究』第5号(単著)、2020年3月
3. 『日本航空の破綻と再生』ミネルヴァ書房(共著)、2019年5月
4. 「CSV(共通価値創造)の徳倫理学的基礎-企業倫理学における規範論と実践の接点を求めて」(博士論文)、2019年3月
5. 「インテグリティとは何か」『日本経営倫理学会誌』第26号(単著)、2019年2月
6. 『新CSR検定:サステナビリティ経営とSDGs 公式テキスト』オルタナ(共著)、2018年12月
7. 「共同体主義の企業観-日本的経営における企業共同体との比較を通じて」『麗澤学祭ジャーナル』第25巻(単著)、2017年3月
8. 「ロバート・ソロモンの共同体としての企業論」『日本経営倫理学会誌』第24号(単著)、2017年2月
9. 「ロバート・C・ソロモンのアリストテレス主義」『企業倫理と社会の持続可能性』麗澤大学出版会(分担執筆)、2016年2月
10. 「外国公務員贈賄問題への対応を巡る企業の社会的責任-情報開示を通じた透明性の確保に向けて-」『日本経営倫理学会誌』第21号(単著)、2014年3月
11. 「内部統制報告制度を巡る企業情報開示の現状と課題」『日本経営倫理学会誌』第19号(単著)、2012年3月

学会発表等

1. 「地域企業はSDGsにどう向き合うべきか」地域デザイン学会、第1回全国地域合同部会(2020年1月25日)
2. 「地域企業がSDGsに取り組む意義と課題」地域デザイン学会、中国地域部会第10回研究会(2019年9月28日)
3. 「インテグリティとは何か-広義と狭義の統合的理解に向けて-」日本経営倫理学会、第26回研究発表大会(2018年6月24日)
4. 「CSV(共通価値創造)経営の意義の再検討-徳倫理学による理論的意味づけと第3の価値の提唱-」しごと能力研究学会、研究部会(2018年3月3日)
5. 「CSV(共通価値創造)における徳倫理学的意味づけ」しごと能力研究学会、第10回全国大会(2017年11月26日)
6. 「CSVとは何か-その意義と課題をめぐって」麗澤大学経済社会総合研究センター、平成29年度公開研究会( 2017年11月8日)
7. 「徳倫理学とCSV-その補完性をめぐって-」日本経営倫理学会、理念・哲学部会 第223回定例研究会(2017年9月26日)
8. 「共同体主義の企業観」経済社会学会、第52回全国大会(2017年9月17日)
9. 「CSVの批判的検討」経済社会学会、東部部会(2017年5月13日)
10. 「共同体としての企業-徳倫理的アプローチ」日本経営倫理学会、第24回研究発表大会( 2016年6月24日)

その他の業績

1. 「<書評>公益財団法人モラロジー研究所編『道経一体の経営が永続への道を切り拓く』」麗澤大学経済社会総合研究センターWorking Paper, No.83、2018年3月(共著)
2. 「日本航空の経営破綻と組織的要因(3):完全民営化前後における意識改革」麗澤大学経済社会総合研究センターWorking Paper, No.80、2017年4月(共著)
3. 「日本航空の経営破綻と組織的要因(2):1970年代における「ナショナル・フラッグ・キャリア」の概念的変化」麗澤大学経済社会総合研究センターWorking Paper, No.72、2016年3月(共著)
4. 「日本航空の経営破綻と組織的要因(1):1960年代における「組織と人をめぐる問題」の発生」麗澤大学経済社会総合研究センターWorking Paper, No.65、2015年3月(共著)

ページトップへ