伝統文化研究室 – 後藤 真生

後藤 真生

研究助手

最終学歴

京都産業大学大学院外国語学研究科修士課程 英米語学修士(京都産業大学)
麗澤大学大学院学校教育研究科修士課程 教育学修士(麗澤大学)

専攻分野

近代教育文化史

研究テーマ

近代帝王学の教育史的研究

主な実績

【論考・解説】
・「近代日本の道徳教育史から見る明治天皇の御修学に関する研究―幕末維新期における広義の御進講を中心として―」(麗澤大学大学院修士論文、令和2年2月提出・3月合格)
・「グリフィス博士の観た明治の「皇國」日本」(講演録『皇位継承の歴史と廣池千九郎』、モラロジー研究所ブックレット、平成30年4月)
・「光格天皇(上皇)と主な関係者の在世年図表」(所功博士編著『光格天皇関係絵図集成』、国書刊行会、令和2年3月)
・「令和大礼関係の諸儀式・祭祀の日程表」(『モラロジー研究』84号、令和2年4月)
・『モラロジー研究所所報』掲載分
「注目すべき未採用の年号五二四」(平成30年8月号)/「紹介 所功編著『近代大礼関係の基本史料集成』」(同年12月号)/「日本の国是「五箇条の御誓文」に学ぶ」(平成31年2月号)/「光格天皇ゆかりの特別番組に注目」(令和元年6月号)
・HPミカド文庫「皇室関係の用語辞典」(令和2年度より毎月3回掲載)
「旬祭」(4月1日)/「神武天皇祭」(4月11日)/「昭和の日」(4月21日)/「こどもの日」(5月1日)/「三勅祭」(5月11日)
【研究発表】
・「明治天皇の御聖徳―グリフィスの観たThe Mikado―」(現代倫理道徳研究会、平成30年4月11日)
・「『世界に於ける明治天皇』におけるグリフィスの明治天皇観」(研究センターゼミ、平成30年9月4日)
・「明治初期における天皇の学校行幸」(研究センターゼミ、令和元年9月2日)
・「幕末維新期における明治天皇の御修学」モラルサイエンス研究会、令和2年3月4日)
【講演・講座】
・「「令和」の即位礼と大嘗祭」(佐原モラロジー事務所主催一般講演会、佐原中央公民館、令和元年10月6日)
・「年号=元号のナゾとき」(東大島文化センター講座、平成30年11月12日・26日、12月10日、平成31年1月28日)
・「明治の即位式と大嘗祭」「平成と令和の大嘗祭」(麗澤オープンカレッジ生涯学習講座「皇位継承に伴う儀式と祭祀」その1・その2)、令和元年5月15日・11月6日)

ページトップへ