お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • 道徳サロンを更新しました――髙橋史朗84 – 包括的な体験型「命の授業」のモデルをいかに構築するか

道徳サロンを更新しました――髙橋史朗84 – 包括的な体験型「命の授業」のモデルをいかに構築するか

 

 道徳サロン、今回のテーマは
 「包括的な体験型「命の授業」のモデルをいかに構築するか」。

 20世紀後半に現れた「ホリスティック教育」という潮流。

 21世紀は日本人が見失った感性文化を見直すことが重要課題となりました。

 理性は心に、感性は身体にと、対立的に捉えられてきましたが、

 その認識は果たして正しいのでしょうか。

「いのち」を子供たちに正しく教えるため、

 髙橋教授が「感知融合」という道徳教育の在り方を訴えます。

 

道徳サロン

ページトップへ