お知らせ

道徳サロンを更新しました――髙橋史朗 – ジェンダー史から歴史を読み替える日本学術会議分科会の狙いは何か

 

 道徳サロン、今回のテーマは「ジェンダー史から歴史を読み替える日本学術会議分科会の狙いは何か」。

 日本学術会議が提言した「歴史基礎」科目の提案。
 これは学校で行う歴史の授業に対し、一部の勢力の主張を後押しするものでした。
 ジェンダーの名のもと、どのように歴史が「修正」されているのでしょうか。
 「ジェンダー主流化」について、髙橋教授がつぶさに解説していきます。

 

道徳サロン

ページトップへ