お知らせ

道徳サロンを更新しました――山岡鉄秀 – 道徳二元論のすすめ13

 

 道徳サロン、今回のテーマは「モラロジーの創建者・廣池千九郎の平和論とは?」。

 戦色が深まる昭和初期、命を賭して軍部を批判する書簡を時の侍従長・鈴木貫太郎へ送った廣池千九郎。
それは心から平和を希求するがための行動でした。

 世界覇権を狙う国が出てこようとしている現在、私たちは平和を守っていくことができるのでしょうか。
廣池の命がけの行動から、何を読み解けばよいか、山岡鉄秀氏が問い掛けます。

 

道徳サロン

ページトップへ