お知らせ

道徳サロンを更新しました――山岡鉄秀 –道徳二元論のすすめ12

 

 道徳サロン、今回のテーマは「下を向く日本人と横を向くドイツ人」。

 同じ敗戦国である日本とドイツ。
 それゆえか、日本人の心の中に、ドイツ人に対するある種のシンパシーがあります。
 しかし、それは現実を知った時、単なる思い込みだったと気づかされます。

 ドイツ人がなぜ韓国人の肩を持つのか。
 ベルリンに設置された慰安婦像を通して、山岡鉄秀氏が日本人の幻想を打ち砕きます。

 

道徳サロン

ページトップへ