お知らせ

第1回 モラルサイエンス・コロキアムのご案内(講師:ケビン・ドーク氏/先崎彰容氏/大野正英氏)

 道徳科学研究センターでは、モラルサイエンスに関する研究者を招いて講演をいただき、人間・社会・文明のより良きありようについて領域横断的に探究、今後求められる道徳原理を構想するため、モラルサイエンス・コロキアムを行っています。
 第1回は6月19日(水)15:00~18:00、麗澤大学生涯教育プラザ1階プラザホールにおいて開催。テーマは「『分断社会』とモラルサイエンス~いかに共同性を構築するか~」です。
 どなたでもご参加いただけます。事前のお申し込みは不要、参加費は無料です。

 

●スピーカー
ケビン・ドーク(研究センター客員教授・ジョージタウン大学教授)
「現在日本とアメリカにおける社会分断を考える―社会道徳(moral fiber)の重要性」

 

先崎 彰容(日本大学教授)
「時代閉塞の現状―砂粒化・グローバル化・二極化」

 

大野 正英(研究センター教授・麗澤大学教授)
「社会的分断の諸相とその将来」

 

●コーディネーター
ジェイソン・モーガン(研究センター研究員・麗澤大学准教授)

 

お問い合わせ先
公益財団法人モラロジー研究所 道徳科学研究センター事務室
T E L :04-7173-3252
E-mail:rc@moralogy.jp

 

2019年度 第1回モラルサイエンス・コロキアム(6月19日開催)JPG

 

ページトップへ