けいいく
(旧名 モラロジー道徳教育)

知徳一体の教育をめざして――「特別の教科 道徳」の指導方法を模索し、その教育活動を報告する冊子を、年に4回発行しています。
『けいいく』(旧名 『モラロジー道徳教育』)の購読のお申込み、お問い合わせは、学校教育センターまで。
電 話:04-7173-3219
Email:kyoiku@moralogy.jp

『けいいく』(旧『モラロジー道徳教育』)購読お申込フォーム

 

 

No.168(令和4年9月1日発行)

「食と健康」

山岡 洋

モンゴルという国から考える国家発展の課題

清水 武則

「むずかしいことをやさしく、
 やさしいことをふかく」

吉田 悦花

ボランティアを通じて持続可能な社会づくりをしよう

冬月 律

子どもの心を育てるための教師の在り方

長澤 勇哉

鼎談シリーズ4⃣
「響音」

南北 ちとせ

栗原 志功

大久保俊輝

学校のちょっといい話㉖

「ご縁に感謝して… 心と心のつながり…」

鍵山 智子

 

No.167(令和4年6月1日発行)

自尊心の育成

ケント ギルバート

時代の変革期に道徳教育に求められるもの

北川 治男

国家モラロジーを考える

清水 武則

感謝から生まれる「三方よし」の実践と悦び

吉田 悦花

教科教育の基盤となる道徳教育

長澤 勇哉

道徳教育の最前線
麗澤大学大学院 学校教育研究科 道徳教育専攻の挑戦

江島 顕一

鼎談シリーズ3⃣
「響音」

濱井 利一

堀内 一史

大久保俊輝

第59回 道徳教育研究会の開催予定

学校のちょっといい話㉕

「先生、バイクを見せにきたよ!・・・授業でのつぶやきから」

鍵山 智子

 

No.166(令和4年3月1日発行)

子どもから高齢者まで楽しめる博物館

銭谷 眞美

子どもから高齢者まで楽しめる博物館

〇東京国立博物館館長・元文部科学事務次官 銭谷眞美氏/〇モラロジー道徳教育財団特任教授 大久保俊輝氏の対談。
・内容
 ◆東京国立博物館とはどんな施設?
 ◆博物館の楽しみ方 ― 利用と活用
 ◆11歳からの博物館見学
※サタモラ第26回「博物館へGO!」は こちら からご覧ください

親日国モンゴルと日本
 ― モラロジーの視点から(第1回)

清水 武則

倫理道徳が届かない実社会

徳川 文武

コロナ時代に師として継承すべきこと(第4回)

近藤 北濤

オンライン授業から見えてきたもの

宮下 和大

地域の人とともに育てる子どもたちの道徳心

長澤 勇哉

学校のちょっといい話㉔

「仲間と共に成長する生徒との出会い」

鍵山 智子

鼎談シリーズ2⃣ 「響育」

 箱根への道

長門 俊介

山川 達也

大久保俊輝

箱根への道

〇順天堂大学 陸上競技部 駅伝監督 長門俊介/〇麗澤大学 陸上競技部監督 山川達也氏/〇モラロジー道徳教育財団特任教授 大久保俊輝氏の鼎談。
・内容
 ①チーム作り
 ②伸びる選手の特質
 ③箱根駅伝に向けての意気込み!
・本動画とともに配信された動画のご視聴は、こちら からご覧ください。

サタモラ YouTube配信 お陰様で1周年!

 

 

バックナンバー

『けいいく』(旧『モラロジー道徳教育』)161号~165号

『けいいく』(旧『モラロジー道徳教育』)156号~160号

『けいいく』(旧『モラロジー道徳教育』)150号~155号

ページトップへ