お知らせ

古森義久教授・所 功教授の最新刊のお知らせ

 古森義久教授(麗澤大学特別教授)と所 功教授(モラロジー研究所客員教授)の著書が刊行されました。

 

 

『新型コロナウイルスが世界を滅ぼす』

 

著 者:古森義久
単行本: 216ページ
出版社: ビジネス社
判 型:四六判
定 価:1,400+税

詳しくはこちら

このパンデミックは人災! 非常事態で問われる国家のあり方。国民を守れない政府に明日はない!! 日本の進む道とは?

 

著者プロフィール
古森 義久(こもり よしひさ)
昭和16(1941)年、東京生まれ。38年に慶應義塾大学経済学部卒業後、ワシントン大学ジャーナリズム学科留学、毎日新聞社入社。サイゴン支局長、ワシントン特派員、毎日新聞政治部編集委員を務め、62年に毎日新聞を退社して産経新聞に入社。ロンドン支局長、ワシントン支局長、中国総局長、ワシントン駐在編集特別委員兼論説委員などを経て、平成25(2013)年からワシントン駐在客員特派員。ボーン国際記者賞、日本新聞協会賞、日本記者クラブ賞などを受賞。27年より麗澤大学特別教授を兼務。
『朝日新聞は日本の「宝」である』(ビジネス社)、『憲法が日本を亡ぼす』(海竜社)、『迫りくる「米中新冷戦」』(PHP研究所)、『日中再考』(産経新聞)など著書多数。

 


 

 

 

『日本学ひろば 88話』
著 者:所 功
単行本: 240ページ
出版社: コミニケ出版
判 型:A5判
定 価:1,300+税

詳しくはこちら

日本文化の特長、象徴天皇の役割、生涯学習の在り方など今こそみんなで学び考える、そのヒント満載のエッセイ集!

 

著者プロフィール
所 功(ところ いさお)
昭和16(1941)年、岐阜県生まれ。名古屋大学文学部・大学院(修士課程)卒業。皇學館大学助教授、文部省教科書調査官(社会科日本史)などを経て京都産業大学教授。61年、法学博士(慶應義塾大学日本法制文化史)。平成24(2012)年より京都産業大学名誉教授。現在、モラロジー研究所客員教授、麗澤大学客員教授、皇學館大学特別招聘教授。伊勢神宮評議員、靖國神社崇敬者総代など。
著書に『皇室に学ぶ徳育』『歴代天皇の実像』(モラロジー研究所)、『伊勢神宮と日本文化』『松陰から妹達への遺訓』(勉誠出版)、『近代大礼関係の基本史料集成』(国書刊行会)など、編著に『名画にみる 国史の歩み』『ようこそ靖國神社へ』(近代出版社)、『歴代天皇 知れば知るほど』(実業之日本社)、『光格天皇関係絵図集成』(国書刊行会)など多数。

ページトップへ