社会科学研究室

経済・経営、国際政治などの分野における倫理問題についての研究を進めています。
特に経済活動と道徳は一体であるとする「道経一体思想」に基づいた研究を続けており、近年ではビジネス・エシックス(経営倫理)の分野で、日本国内における研究の主導的役割を果たしています。

※写真をクリックすると、研究員に関する詳細が表示されます。

大野 正英 室長・教授
大野 正英

室長・教授

研究テーマ
コミュニティ、利他性の経済学

梅田 徹 教授
梅田 徹

教授

研究テーマ
国連グローバル・コンパクト、企業の社会的責任(CSR)、腐敗防止

冬月 律 研究員
冬月 律

主任研究員

研究テーマ
戦後の日本における社会変動と宗教
過疎地域における宗教・神社信仰の変容
中国少数民族の信仰形態

アブドゥラシィティ アブドゥラティフ 研究員
アブドゥラシィティ アブドゥラティフ

研究員

研究テーマ
言葉の選択による心理への影響に関する研究
道徳に基づく社会心理に関する研究

横田 理宇 客員研究員
横田 理宇

研究員

研究テーマ
組織における倫理的意思決定

宗像 俊輔 研究助手
宗像 俊輔

研究助手

研究テーマ
鉄道によるアメリカ合衆国社会の変容(大陸横断鉄道を事例として)