廣池千九郎研究室

モラロジー研究所・廣池学園の創立者、廣池千九郎(1866~1938)に関する調査、研究を行っています。
廣池は学者として、教育者として明治、大正、昭和の間を生き、多数の著作や講演記録等を残しました。こうした散在する資料を収集、整理、保存し、それをもとに廣池の事跡や思想を考察して、その人間像を今に伝えています。

※顔写真をクリックすると、研究員に関する詳細が表示されます。

宮下 和大 室長・主任研究員
宮下 和大

室長・主任研究員

研究テーマ
宋代儒学の工夫(修養)論、廣池千九郎研究、儒教の現代的展開

所 功 研究主幹・教授
所 功

研究主幹・教授

研究テーマ
平安時代と明治以降の宮廷政治文化史

井出 元 客員教授
井出 元

客員教授

研究テーマ
廣池千九郎の思想と生涯

立木 教夫 客員教授
立木 教夫

客員教授

研究テーマ
道徳の科学的研究

橋本 富太郎 主任研究員
橋本 富太郎

主任研究員

研究テーマ
皇室史、日本文化、道徳、武道

久禮 旦雄 研究員
久禮 旦雄

客員研究員

研究テーマ
日本古代の祭祀と法制

矢野 篤 研究員
矢野 篤

研究員

研究テーマ
廣池千九郎関係資料の整理、保存、活用