教育者研究会

教師自らが道徳教育のあり方を考える

効果的な道徳教育は、教える側=教師の人間性が向上し、子供たちへの感化力が高まってこそ可能となる――。
こうした考えのもと、昭和38(1963)年に始まった教育者研究会。
教員同士が道徳の教科化に向けた課題を共有し、解決に向けたプログラムを企画していくと同時に、道徳的な生き方とは何かを学び、みずからの人間的成長と教育力の向上をめざします。
文部科学省の後援のもと、各地の教育委員会と連携して全国約90会場で毎年開催。知識と道徳が一体となった教育のあり方を探求する場として、教員をはじめ多くの教育関係者に参加いただいています。

有識者による講義
有識者による講義
毎年10,000名が参加
毎年10,000名が参加
 教員同士での意見交換
教員同士での意見交換
 生徒を交えてのパネルディスカッション
生徒を交えてのパネルディスカッション

教育者研究会の特色

・教師自身がよりよい生き方を探求するための研究会です
・道徳の時間における指導方法を学びます
​・教師としての心構えを道徳的観点から学びます

平成29年度のテーマ
​「道徳教育の新たな充実をめざして」

平成27年3月の学習指導要領の一部改正により、「特別の教科 道徳」が平成30年度から小学校で本格実施されます。しかし、これからめざす道徳の授業について、具体的にどのような授業を展開したらよいのかを多くの教師が模索しています。この課題に解決の糸口を見いだし、新たな道徳教育の充実に寄与できることをめざして開催します。

道徳教育の新たな充実をめざして

概要

主な内容 有識者による講演
参加者同士での道徳教育に関するディスカッション
現職の教諭による道徳教育や授業の実践発表
対象 教育関係者および学校教育に関心をお持ちの方
これまでの取り組み 第53回(平成28年度)
<全国83会場で実施、7,630名が参加>
第52回(平成27年度)
<全国89会場で実施、8,685名が参加>
第51回(平成26年度)
<全国89会場で実施、8,561名が参加>
第50回(平成25年度)
<全国96会場で実施、9,414名が参加>
日程 第54回(平成29年度)
<全国90会場で開催、29年6月6日~12月15日>
詳しくはこちらをご覧ください
※東大阪会場の日程と講師に変更がございます(9月8日現在)

主な講師

赤堀 博行

赤堀 博行

東京都生まれ。帝京大学大学院教授。国立教育政策研究所教育課程研究センター研究開発部教育課程調査官。

東京都公立小学校教諭、調布市教育委員会指導主事、東京都知事本局企画調整部企画調整課調整主査(治安対策担当)、東京都教育庁指導部指導企画課統括指導主事、文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官などを経て現職。教諭時代は、道徳の時間の授業実践と生徒指導に、指導主事時代は道徳授業地区公開講座の充実、教育課程関係資料の作成などに尽力。

帝京大学大学院教授

 

貝塚 茂樹

貝塚 茂樹

茨城県生まれ。筑波大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。博士(教育学)。国立教育政策研究所主任研究間等を経て現職。専攻は日本教育史、道徳教育論。主な著書に『戦後教育改革と道徳教育問題』(日本図書センター)、『戦後道徳教育の再考』『道徳の教科化』(文化書房博文社)など。編著に『戦後道徳教育文献資料集』(全36巻)『文献資料集成 日本道徳教育論争史』(全15巻)(日本図書センター)など。

武蔵野大学教授

 

横山 利弘

横山 利弘

兵庫県生まれ。関西学院大学大学院文学研究科博士課程修了。テューヒンゲン大学、ハイデルベルク大学に留学。名城大学教授、文部省初等中等教育局教科調査官、高知大学教授、関西学院大学教授を歴任。日本道徳教育学会名誉会長。著書に『道徳教育とは何だろうか』、『道徳教育、画餅からの脱却』(暁教育図書)など。

元関西学院大学教授

 

中山 理

中山 理

​三重県生まれ。上智大学大学院英米文学専攻博士後期過程修了。エセックス大学、エディンバラ大学留学。文学博士。著書に『イギリス庭園の文化史』(大修館書店)、『読書こそが人生をひらく』『人間力を伸ばす珠玉の言葉』『荘子に学ぶ明鏡止水のこころ』(共著、モラロジー研究所)、『日本人の博愛精神』(祥伝社)ほか。

麗澤大学学長

 

野口 芳宏

野口 芳宏

千葉県生まれ。千葉大学教育学部卒業。千葉大学附属小学校教諭、公立小学校教頭・校長、北海道教育大学教授、植草学園大学教授、麗澤大学講師などを歴任。著書に『道徳授業の教科書 』(さくら社 )、『学級づくりで鍛える 』 (明治図書出版 )、『日本の美しい言葉と作法』(登龍館)、『叱り方の作法』(学陽書房)、 『縦の教育、横の教育』『子供の挑戦、大人の出番』(モラロジー研究所)など。
植草学園大学名誉教授

第54回 教育者研究会の試み

​平成29年度の教育者研究会は、全国90会場のうち、87会場が開催されました(9月6日現在)。
各会場では、現職の先生方に多数参加していただくために、モラロジーの教育観だけでなく、道徳の教科化に向けた講義や実践発表を加えるなど、さまざまな工夫がなされ、新たな試みを進めています。

・参加しやすい平日の夜に開催
大阪市の中央区、福島区、東淀川区、住之江区、北区の各会場では、夏休み期間とはいえ忙しい現場の教員のために、6月から7月上旬にかけて、平日午後6時ごろから2時間の開催を試みました。

・道徳授業作りのヒントを提供
現場の教師にとって、「特別の教科 道徳」の授業をどのように展開するかは喫緊の課題です。八戸市(青森県)、日立市、筑西市(共に茨城県)の各会場では、授業作りのヒントを提供するため、実際の授業をプログラムに取り入れました。

・参加者のニーズに合わせて焦点化
年々、幼稚園教諭や保育士の参加も増えています。子供の発達段階に合わせた教育支援内容に焦点化することで参加者の学びがより深まると考えた東大阪市会場(大阪府)では、保育園を会場に幼児教育をテーマとした研究会を実施し、柏市会場(千葉県)でも学校教育部会と幼児教育部会に分けて開催しました。

・体系的に学ぶタイアップ講座
すべてのニーズにできる限り応えるため、札幌会場(北海道)では、現場での実践に役立つ内容を体系的に構成したタイアップ講座を企画しました。教育者研究会で総論を学び、その後、別日程で各論を学ぶ三回の講座を企画しました。

・教育機関等の研修としての開催も
教育委員会からの申し出により、教員の夏期研修として共催する会場も増えています。
これまでの東根市(山形県)、大田区(東京都)、恵那市、大垣市(共に岐阜県)、小浜市(福井県)の各会場に、今年度は新たに太田市(群馬県)が加わりました。また、湖南市(滋賀県)のように教育委員会主催の研修講座の一つとして開催したり、柏市、東大阪市、松江市(島根県)のように、私立の学校、幼稚園、保育園の職員研修の一環として開催する会場もありました。

・そのほかの試み
高校生のシンポジウムをプログラムに入れた会場(伊勢原市〈神奈川県〉)や、小学生から一般社会人までを含めた実践的なコミュニケーションと人間関係構築技術の研修を一泊二日で実施した会場(浜松市〈静岡県〉)などもあり、各地で工夫を凝らした研究会が行われました。

※そのほかの会場レポートについては、後日ご紹介いたします。


 

参加者の声

子供たちの将来を担う責任ある教師として、彼らとどう向き合っていくべきか、あらためて考えさせられました。

小学校教諭

 

中学2年生の道徳を担当しています。実践的な内容だったので授業に生かせそう。道徳教育への意欲が増しました。

中学校教諭

設問の設定の仕方や教材の読み方など、授業展開の方法を具体的に学ぶことができました。道徳の時間への準備をする時間は不足しているため、このような機会は非常にありがたい。今後も継続して参加したいです。

中学校教諭