「モラルサイエンス・コロキアム」を開催

 平成30年12月12日(水)、「モラルサイエンス・コロキアム」をモラロジー研究所小ホールにおいて開催しました。

 本企画の目的は、外部の研究者との研究交流の強化にあります。またその理念は、道徳研究の知見を領域横断的に統合し、現代文明の望ましい姿を構想することにあります。
 この企画では、そのような課題探究に取り組む学問領域を「モラルサイエンス」と呼びたいと考えています。

 さて、本企画は、来年度から本格的にスタートする予定ですが、今回は、そのプレ第1回として、「道徳と人権」というテーマ設定で、法政大学の金子匡良教授と当センターの梅田徹教授からスピーチを頂戴し、シンポジウムを行いました。
 なおコーディネーター・コメンテーターは、本センターの横田理宇研究員が務めました。

 「人権」概念は、18世紀以降、最も多く議論されてきた概念ではないでしょうか。そして、それとは反対に、もっとも議論されてこなかったのが「道徳」という概念ではないでしょうか。
 今回は、この非対称性を崩し、「人権」と「道徳」をいかに統合するかという問題意識にそって、議論が行われました。
 金子先生からは、「自律的個人」を媒介に「人権」と「道徳」が統合される理路についてご教示いただいたいと捉えています。また梅田先生からは、「人権感受性」という新概念によって「人権」と「道徳」の接合を図る道を示唆していただいたと受け止めています。フロアからも沢山の質問や意見が出され、充実したコロキアムとなりました。

 次回は、3月13日(水)午後に、「道徳と教育」をテーマに開催する予定です。ご関心のある方は、ぜひご参加下さい。事前に研究センター事務室にお申し込みいただければ幸いです(※参加無料)。

★お問い合わせ・参加のお申し込み
道徳科学研究センター(道科研)事務室
お電話:04-7173-3252
E-mail:rc@moralogy.jp

 次回も、道徳の位置づけを中心に人間・社会・文明のありようを探究する「モラルサイエンス」の可能性を追究して参りたいと思います。ぜひご協力とご支援、そしてご参加をお願い致します。

モラルサイエンスコロキアム企画担当者:川久保 剛(道徳科学研究センター主任研究員)