桜並木の桜を用いた「小鼓」が寄贈される

このたび有限会社廣瀬造園(千葉県香取市)の廣瀬辰臣代表より、和楽器の「鼓」が寄贈されました。この鼓の胴には、当法人の敷地にある桜並木の古木が用いられています。有限会社廣瀬造園には、長年にわたって桜並木を管理いただいており、寿命を迎えたソメイヨシノを使って、佐原市の太鼓職人・松本通男氏が製作してくださいました。